スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【過 去】痴漢に襲われブラ丸出し!?

 2月10日夕方、まだ仕事中にもかかわらず文面を考え始めた。

 それから約8時間かけて考え抜かれた初メール(返信)。

 優菜ちゃんに送ったのはにもう日付がかわった夜中であった。

 ちなみに次の日は祝日だけど、ワシは仕事である。

 ものの5分ぐらいで返信が来た。この5分はしかし、ワシにとっては1時間ぐらいに思えたぞ。

「すごく嬉しい!!感激しちゃって胸がドキドキしています。もうお返事もらえないと思ってました。○○ちゃん(ワシのニック)さんに早く会いたいです。」 

 おぅ、そうかそうか、カワイイのぅ。

 もう10年以上レンアイしてないワシは、こういう言葉にもはや免疫を失っている。いわば、体中の穴という穴をおっぴろげて、ばい菌だらけの泥水の中を泳いでいるようなもの??である。

「○○ちゃんさんのお家はどこなんですか?近かったら今からでも会いたいです。」

「今から?そりゃあ俺も優菜ちゃんに会いたいけど・・・。△△なんだよ。」


 ワシの住んでいるのは、県庁所在地から車で約30分。

 平成の大合併で県都に組み込まれた旧市である。

「ホント!?優菜も△△だよ。近いじゃん!!じゃあ今から△△駅で会わない?」  


 えっ、なんで!??(*´`*)?ウソでしょ・・・優菜ちゃんも△△!?・・・


 もうワシの頭の中にはいくつもの???マークが飛び交っていたぞ。

 あの子が近くに住んでいる。今から会える。


 ワシはケータイ握り締めてすぐに駅に向かったわい。

 あー思い出しても恥ずかしいのぅ・゚・(ノД`)・゚・。 

「今から準備して出るから2~30分ぐらいしたら着くよ。」 

 次のメールを見た時には、ワシが駅についてすでに5分以上たっとった。

 恥ずかしいぐらい純情なワシ。一服、また一服。

 この時のワシの所持ポイントはあと一通分。でももう大丈夫やろ。と考えたワシを、諸先輩方は心の底から笑い、蔑むだろうなぁ。 

「これが最後のメールになるよ。もう着いたから待ってるね(^-^)♪」    


 30分後、時刻は午前4時。田舎の駅前には当然誰もいない。 


「今△△高校の前を歩いているよ。どんな服装か教えて」  

(・・・えっ?服装は前の前のメールで教えたやん、しかも最後のメールじゃと言うたやろ!!) ←もちろん心の声である。メールできないんやから。 


「どうして連絡くれないの?すごく不安です。お願いメールして」 


(・・・だから、最後のメールって言うたやん!!) 


「助けて!!今変なオジサンが胸を触ってきたの!!私怪我した。どうしよう。家の影に隠れているんだけど・・・」 

(・・・ん!?何?痴漢に襲われた!!!ウソでしょ????・・・・)


 俺は急いで駅から高校に向かって走ったぞ。

 そこらあたりを探し回ったぞ。家の影まで見て歩いたぞ。どーだ、マイッタか(*゜▽゜)


・・・でも誰もいないのである。 仕方ないので車に戻って約10分。優菜ちゃんからこんなメールが届いたわい。 

「どうして連絡くれないのですか。痴漢に襲われて、服が破け、ブラが丸出しなんです。こんな私は嫌ですか?こんな私にはもう会ってくれないのですか??」 


 もうワケがわからない。こいつ、ちょっとオカシイノデハナイカ。 


 はい、やられました。見事なまでに。完敗です。


 情けないやら恥ずかしいやらで家に帰ったのが午前5時。

 結局一睡もせずに仕事に行ったハゲオヤジを笑うがいい(・∀・)ノ 


 いわゆるサクラの基本テクニックの一つ 

 →無料ポイントの3~5通の間に会う約束を取り付けて現場に行かせる。

 会話を引き伸ばす。「会いたい、そしてエッチしたい」という男の欲望を利用して、連絡を続けさせるためにポイントを買わざるをえなくなるようにする。


 
これを知ったのはずーっと後である。(/--)/ 

【おすすめブログ】出会い系 さくらブログ 

 出会い系で働いていたさくらちゃん(22)のブログです。とっても勉強になるぞ。 


[注]  これは、「プレミアムクラブ」という有名な(笑)悪質サイトで引っかかった私の実体験です。

だから、のちに十分遊んであげることでお返ししました(笑)←2009年4月12日参照。



人気ブログランキングへ   

 ↑  ↑  ↑   ワシの執筆意欲のミナモトは、みなさんの「ポチッ」


【出会いの波間に聞くCD】

 YANO SAORI 矢野沙織

 

 なんと、高校1年生でレコーディング。2年生でアルバムをリリース。硬派ジャズ・ファンをも唸らせた早熟女性アルト・サックス奏者のデビュー作。聞くと何だか心洗われる気分になれるぞ。  
関連記事
スポンサーサイト

- 0 Comments

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。